3step-100.jpg

DRM セミナー・研修
ニューロ・テクニカが
選ばれる理由

力がつく、分かりやすい!、面白い!と定評のあるプログラム

なぜこれまで、
今日のDRMの雄と言われる企業が受講してきたのか?
その理由を3つにまとめてみました。

 

 

01

大元の基礎をしっかり!応用が利くから近道

限界突破力

  • 貴社には、DRMの様々な分野のプロ、あるいは専任担当者がいらっしゃると思います。WEBマーケティングの、MA(マーケティング)、ダイレクトメール、A/Bテスト、顧客分析など。しかし多くの場合、やっていくうちに限界を感じていくようです

  • 「DRMの基礎をしっかりとやっていないからだ・・・」、そうです。弊社ニューロ・テクニカの細野が提供するプログラムは、DRMの大元の大元を体系化したものです。これまで、DRMの雄とする企業が受講してきたのには、そこにあります。

  • 小手先のものを学ぶより、応用が利くので近道なのです

例えば、リーズジェネレイションについての
「シンプルで深い」、説明方法

3STEP.png
  • 例えば、顧客ステップの方法は、顧客を5つや、7つに分けたり、する解釈、あるいは独自の解釈が散見されます。それはそれでも良いのですが、この大元の大元の考え方を知らずに身につけてしまうと、小手先の方法から抜けられなくなってしまいます

  • この図はとてもシンプルです。しかし、とても重要で深い意味を示唆しています。ニューロ・テクニカ細野は基礎をとても大切にします。基礎をしっかりとやっていれば、応用は簡単です

 

02

細野が得意とする、どんどんど眠っている引き出す方法
学んで面白い!身につく!貴社の即戦力に!

ワークショップ

  • 細野が提供するセミナー・研修プログラムは3つのスタイルがあります。

  1. セミナースタイル(人数制限なし)

  2. 座学スタイル(20~60名程度)

  3. ワークショップスタイル(5~25名程度)

  • このうち、座学スタイルにはミニ演習が、ワークショップスタイルには30%~100%、細野が得意とする研修の方法、ワークショップ(演習)が入ります

  • 受講する方々はこのミニ演習、ワークショップによってアッと言う間に時間が過ぎてしまうと言われるくらい、飽きさせません。とにかく、手を動かすことが多いのです。また、自分ひとりで考えるのではなく、周囲に座っている人とチームを組み、考えていきます。これにより、単に学ぶだけでなく、チームワークを構築していく力も身につきます。

​ワークショップのテーマ

ミーとコータの物語(野菜編パソコン編)に出てくる課題、研修プログラム中の特定の科目、日頃の具体的な案件に関すること、あるいは細野ができる範疇であれば自由に設定できます。

ワークショップを取り入れた2つのプログラム

NTM-100.jpg
  • DRMをまったくやったことが無い方~すでに仕事でやっている初級者が対象、DRMのプロになることが目標です

  • このクラスでは、単発のプロモーション、自分が関わる一つのメディアを使いこなすことが目標です。

  • 14時間の受講で、実務経験約2~3年分の内容です。

  • 限界を感じているエキスパートの方もぜひご参加ください。

  • Level1(超入門)/ Level2前半 / Level2後半 / Level3と3つのレベルがあります。

proA-100.jpg
  • 既に「〇〇のプロ」という方、あるいは「〇〇専任担当者」と言うが対象です。日頃のご自身のプロフェッショナル性をふんだんに活かしてください

  • このクラスでは、複雑なプロモーション、自分以外も関わる複数のメディアを使いこなすことが目標です。

  • 35時間の受講で、実務経験約3年目~8年目くらいの内容です。

 
 

03

とは言え、いきなり、本格的なものを依頼するのはどうも・・・
リスクヘッジのために。
仲間同志でも学べるお手頃料金。

まずはお試し

otameshi-100.jpg
  • レベルに関係なく、4名様から承ります

  • お試しとはありますが、何度でもご利用いただけます(セット料金あり)

​お試しのテーマ

ミーとコータの物語(野菜編パソコン編)に出てくる課題、研修プログラム中の特定の科目、日頃の具体的な案件に関すること、あるいは細野ができる範疇であれば自由に設定できます。

社内強化、あるいはプライベートショーやビジネスショーで

研修とセミナー

単発セミナー

自社でのスキルアップ企画、プライベートショーに、あるいは業界主催のプライベートショーなどの企画にご利用ください。

人数も3名ほどのものから400人程度のものまで経験があります。

あっという間に席が埋まることもあるようです。

単発セミナーこれまでの主なテーマ

 

  • 10年後の未来とマーケティング

  • マーケティング - 世の中トレンド

  • 脳科学への招待

  • ROIについて学ぶ

  • 実はA/BだけではなかったA/Bテスト

  • DMは3回行うが基本

  • インターネットマーケティングのキホン

  • 〇〇業界のデジタル化を進める方法
 

どんどん引き出します!

ワークショップ

4~25名に最適です。
ニューロテクニカならではのスタイルで好評なスタイルです。
実際に手を動かし、ディスカッションをし、合間を見て講師がその場で解説をしたり、
参加者全員でシェアします。

チームワークの育成にもつながります。

多くの場合、見違えるようになります。

参加者の労力が少ない

セミナースタイル

人数に制限はありません。
いわゆる一般的なセミナースタイルです。
会場の形式にもよりますが、多くの場合、受講者の激しいメモの音が聞こえてきます。

じっくりと自己完結

座学スタイル

15~100名程度までに適しています。
いわゆるスクール形式という方法でセミナー近いです。
しかし、必ず机を置いていただくことが特徴です。
内容は緩やかにあるいはぎっしりと。

実際にはミニ演習を随所に取り交ぜることもあります。

学びのスタイルは3通り、組み合わせも可能です。