​テーマ0.

NT式!DRM(ダイレクトマーケティング)概論

1/4

弊社のサービスの根底であり、今日のマーケティングの基本であり。
A/Bテストも、ナーチャリングも、CRMも、これがないと分からない!

DRM実務者養成コース NT-METHODから、エッセンスをお届けします。

さらに!メルマガを登録された方には、NT-METHOD第1講のテキストにアクセスできるURLをご案内いたします。

それでは、開講いたします!

講師はマーケティングプランナーで

ニューロ・テクニカ代表取締役の細野晴義です。

マーケティングプランナー 細野晴義のホームページ
まわりくどいゾ!と、
今すぐ理論を知りたい方はこちら
しっかりと身につけたい方はこちら
物語を示すのには、理由があります。
エミーとコータの物語
第1話 マーケティング体験

(C) 2020 Neuro-techniKa Co.Ltd.,大川みか

さっそくですが、

マーケティング部門に配属された二人の様子を見てみましょう。

※読みにくい方は以下のPDFファイルをダウンロードしてください。

皆さんに極力実感をしていただきたいのと、マーケティングのミニ演習と、ふたつの目的から登場人物ふたりのキャラ設定を敢えて緩くしてあります。

自分が関わっているプロジェクトなどを参考にして設定してみてください。設定が必要なところはその都度、この色の文字でお知らせいたします

 エミーこと山根恵美とコータこと加藤康太は共に32歳の同期です。エミーは入社当初からマーケティング部に所属し、YouTubeでの広告やWEBサイトを使って商品を知らせることを担当しておりました。コータは営業部門に配属されました。ふたりとも優秀な社員として会社からは期待がかかっています。エミーとコータの会社の商品を、消費者は広告を通じて知り、さまざまなお店で購入することができます。(どんな会社の規模で、どんな商品かは想定してください。例従業員500人規模でアパレル等)

 そして新型コロナウィルスによる経済環境の変化から、リアルの店舗だけでは売上が厳しくなり、ネットショップに力を入れることにしました。ネットショップはこれまでもやっていたのですが、メインは店舗を通じての販売でネットショップはサブ的な位置づけでした。

 エミーからすれば、ずっとマーケティングを、しかも自分はネットでのマーケティングはこれまでの延長だろうと考えていたのですが、エミーのその自信はどうも通じないらしいと感じるようになります。「これまで考えていた顧客の姿とはどうも違う」。

 

 

 

メルマガの登録者リストなどはありますけど、顧客分析というのをしたわけではありません。メディアとしての分析に頼っていました。顧客分析には専用のツール(どんなツールを使っているのか?は読者の皆線にお任せします。Excelでも結構です)を使っているのですが、どうもしっくりと来ていないようです。

 コータは全く未知の世界だけれども、「売る」ということにかけては同じだろうと考えておりました。A/Bテスト、ナーチャリング、CRMと言った言葉があることは、なんとなくだけど知っており、自身のマーケティング施策でも、会社で導入されているMA(マーケティングオートメーション)(MAをイメージできない場合、代わりの方法を想定してください。レスポンスに対してすぐに関心に合わせてメールを送信する、でもいいです)などを使って試してもいますが、「難しい」、と感じています。

(C) 2020 Neuro-techniKa Co.Ltd.,大川みか

ふたりのプロファイルを整理してみてください。
整理の仕方はどんな方法がありますか?

​メルマガ購読はこちらから

© 2019 Neuro-techniKa Co.Ltd. All Rights Reserved.

  • ニューロテクニカのfacebook