​テーマ0. 物語で学ぶ、

NT式!DRM(ダイレクトマーケティング)概論

さらに!メルマガを登録された方には、NT-METHOD第1講のテキストにアクセスできるURLをご案内いたします。

戦略を読み取ろう!

エミーとコータの物語

第2話 制作物ノ背後ニハ戦略アリ 2/2

マーケティング部門に配属された二人が、一消費者としての経験をして、その背後にある戦略を探っていく物語です。

みなさんもぜひ、一緒に考えながら、読み進めてください。

(C) 2020 Neuro-techniKa Co.Ltd.,大川みか

❚ クリエイティブから戦略を探る(パーソナライズ)

「あ、あれ、持ってきた?」

出社日のある日、エミーがコータに声をかけました。

「うちに届いたやつね、持ってきたよ」

さっそくふたりはお互い、自宅に届いたものをテーブルに広げて見せ合いました。

(C) 2021 Neuro-techniKa Co.Ltd.,大川みか

「どう?細かいところは後でやるとして」

 エミーはマーケティング部門でもう10年の経験があります。この部署としては「私が先輩」なので、自然と、この場を先導してしまいそうでした。しかし、切り出したのはコータの方でした。

「マーケティングもクリエイティブも始めたばかりなのでよく分からないのだけど、これ、どういう意図なんだろう?、エミーの所に届いたのは、いかにもパソコンのパンフレット。僕の所に届いたのは、何だろ?ご利用イメージというか・・・」

「そうね、私のはスペック重視で、私の名前が入っていて、コータのには入っておらず、パソコン自体も色相とか、イメージに徹している感じ」

「お客さんによって言い方を変えているところは営業っぽい。でも、ここまでドラスティックに変えるとは。ここまでの発想はなかったなぁ」

 コータが一息ついて続けます。

でも、これって営業と同じじゃね?マーケティングってこういうことなのか?

(C) 2021 Neuro-techniKa Co.Ltd.,大川みか

(C) 2021 Neuro-techniKa Co.Ltd.,大川みか

 そして、ダイレクトマーケティングではレスポンスクリエイティブと言うものがあり、それはウォンツではなくニーズで訴求することが多いと書かれてあったのをコータは思い出しました。

「そうか・・・こういうことか」

 コータはパソコンに詳しくないのでエミー用のパンフには、具体的に、何が書かれているのかまではわかりませんでしたが、おそらくエミーにとって欲しい情報が記載されているんだろうな、というの分かりました。

 一人でなにゃらブツブツと言っているコータを見ていて、その様子が不思議でした。

「エミー、これがパーソナライズ、てやつ?」

「そう、これがパーソナライズてやつ・・・て、いつ覚えたの!」

 エミーが驚くのは無理もなく、ダイレクトマーケティングを説明している本はなかなかなく、エミーは会社がそういう場を作ってくれたから良かったもの、コータがどこで覚えたのかは謎でした。

 しかも、コータがこの部署に来て、まだ2週目です。

​メルマガ購読はこちらから

© 2019 Neuro-techniKa Co.Ltd. All Rights Reserved.

  • ニューロテクニカのfacebook